法律上の「社員」と日常用語の「社員」の違い

通常、私たちが「社員」といった場合、会社の従業員を意味しますが、会社法上は、会社の従業員という意味では使われません。

 

会社法上では、会社に出資した人が「社員」となります。

つまり、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の出資者が「社員」となります。

 

株式会社の場合は、社員のことを、「株主」といいますから、株式会社の社員は株主ということになります。

 

間違われやすい用語ですのでご注意ください。

 

 

 

⇒ 次のページ“会社設立の流れ(発起設立を前提)”へ

⇒ HOMEへ戻る 

相続は財産の承継のみならず   あなたの心をつなぎます・・・

 これから降りかかる老後の諸問題をどれだけ冷静に受け止め、解決していくことができるか、一歩一歩、前に進むことが大切だと考えています。

 

 

<お問合せ>

 ⇒お問合わせはこちらから