社会的信頼

株式会社は、株主をはじめさまざまな利害関係者に囲まれて運営されています。

会社は、所有者である株主には配当金を、従業員には給料を支払う義務があり、取引先には仕入れ債務や売上債権を持ち、国や地方公共団体に対しては税金を納める納税者でもあります。また、会社の所在地の地域住民なども密接なかかわりを持つ利害関係者といえます。

 

そうです。会社は、会社自体の存続をとおして社会とのかかわりを深くしていく存在といえます。

当然、社会に対しての責任も生まれてきます。
社会的責任といいますが、その自覚が最も大切なのではないでしょうか。

みなさんが これから起業して 場合によっては、株式会社をたちあげて商売を始められるとき どうしても忘れてほしくないことがこの“社会的責任”という言葉です。
昔は、利益を上げるのが会社の仕事で、その利益のためには多少のマイナス面の発生は仕方ないという考えでしたが、今では、もうこのような企業のエゴは地球規模で認められない状況になっています。

時代は、心身ともにクリーンな起業を望んでいるように思えます。みなさんの起業が個人か法人かの形態の別は置いておくとして、これから、自営業者として世の中で生きていくうえで、少しでも世の中のためになるような仕事をしたいものですね。それが これからのみなさんの成功の大前提だと思います。

 

 

⇒ HOMEへ戻る

 

相続は財産の承継のみならず   あなたの心をつなぎます・・・

 これから降りかかる老後の諸問題をどれだけ冷静に受け止め、解決していくことができるか、一歩一歩、前に進むことが大切だと考えています。

 

 

<お問合せ>

 ⇒お問合わせはこちらから