差別化

日本経済の成長率は、年々低くなり、2000年代にはいってからは、マイナス成長が続いています。その傾向は今後もしばらく続くと思われます。

         

経済不振の現在は、ものの「売れない時代」といえるでしょう。

これは、少ないパイをめぐって「競争が激しい時代」ともいえます。

起業する上で、私たちが向かい合う最初の試練です。

 

この場合、競争相手との差別化を考えなければなりません。

ここに「差別化という戦略が必要となってきます。」

 

日本の高度成長期、つまり好景気時代に創業された事業の成功体験が今では役に立たなくなっています。

 

ご自分の“強み”は何かを考えてください。

強みを強調して差別化を図るべきです。

「お客様が、競争相手ではなく、自分を選ぶ理由を」明確にイメージしてください。

 

差別化には、

   ①早い、安い、便利、効率的 などを売りにして勝負する。

   ②高品質、高性能、技術力 をアピールして勝負する。

   ③顧客の個別ニーズに対応した 密接サービスで勝負する。

   などが考えられます。

 

このうち、どのタイプで 差別化を図るかが重要となるでしょう。

中途半端はダメ!

みなさまに 他社と比較して 明確な特徴がないと“強み”にはなりません。

 

 

 

 

⇒ 次のページへ“ビジネスを取り巻くリスクを認識”へ 

⇒ HOMEへ戻る

⇒ ページトップへ

 

相続は財産の承継のみならず   あなたの心をつなぎます・・・

 これから降りかかる老後の諸問題をどれだけ冷静に受け止め、解決していくことができるか、一歩一歩、前に進むことが大切だと考えています。

 

 

<お問合せ>

 ⇒お問合わせはこちらから